手延べそうめん揖保乃糸 産地直送 通販



揖保乃糸の豆知識|揖保乃糸の歴史

揖保乃糸の歴史
揖保乃糸の歴史は、かつて日本の地方行政区分であった播磨国(はりまのくに)、現在の兵庫県南西部を中心に室町時代から始まり、600年の伝統があります。

揖保郡太子町、斑鳩寺の古文書「鵤庄引付」(1418年)に”サウメン”の記述、また宍粟市一宮町、伊和神社の社殿造営の祝言に”素麺”を使う(1461年)等の記録が見られます。

播州でそうめんづくりが本格的になったのは、江戸時代の安永頃、1771年〜1780年、だと考えられ、当時は龍野藩の「許可業種」として奨励されていました。

また伝統の揖保乃糸の産地化は、龍野藩が著名な産物の保護育成を始めた文化年間頃1804年〜1818年からだと考えられています。


揖保乃糸TOPへ


© 揖保乃糸 通販/産地直送. All Rights Reserved